Bybit P2P取引の方法 バイビット 安全にオンカジへ入金!

どうもにゃこです。

オンラインカジノを取り巻く環境が色々と騒がしいですがいかがお過ごしでしょうか?

銀行振込やクレカの取り扱いが色々と厳しくなりそうな予感がしますね。

そして仮想通貨もトラベルルールの運用開始でメンドクサイことになっており

Discordでもよく話題にあがるのですが、

・国内取引所からオンラインカジノへの送金はオススメできない

・海外取引所へ入金するのがめんどくさい・わかりにくい

等々、まだまだハードルが高い感じ。

というわけで、今日は海外の仮想通貨取引所へ入金する方法の一つとして

P2P取引でUSDTを購入する というのを解説してみたいと思います。

利用する取引所はBybit バイビット

画像からbybitへ飛べます。

2BTCまでの出金はKYC無しで取引が可能!

P2P取引をするための準備

2BTCまではKYC無しで出金可能!っていっておいてアレなんですが、

取引相手によっては、KYCやSMS認証等を完了していないと取引できない場合があります。

ですのでP2P取引を開始する前に、プロフィールからKYC(Level1でOK)、携帯番号認証、Eメール認証を完了させておいた方が取引可能な相手が増えます。

各認証は、ログイン後右上の人型からアカウント&セキュリティを開いて、画像の赤枠の部分にあります。

Googleの2段階認証も設定をお勧めします。

P2P取引を始める

USDTを購入する

では実際にP2Pの取引を始めましょう!

TOP画面から、左上の暗号資産の購入にカーソルを合わせるとメニューが開きます。その中からP2P取引をクリック。

すると下の画像の画面が開きます。

購入 はJPYを払ってUSDTを受け取る場合に利用します。

販売 はUSDTを売ってJPYを受け取る場合に利用します。

オンラインゲームのRMTに近い感覚。

支払方法

取引する相手にもよりますが、Bank Transfer(銀行振込)とLine Payが利用可能です。

どちらかにしか対応していない販売者もいるので、購入ボタンをクリックする前に確認しておきましょう。

Line Payの場合は、Line Payで本人確認をしていないと送金できないので注意が必要です。

 

では取引したい出品者のUSDTを購入ボタンを押してみましょう。

こんな画面が開きます。

支払金額または受取金額のどちらかに希望の金額を入力すると、もう片方は自動計算され表示されます。

金額が間違いなければ、購入ボタンをクリック。

ここで購入をクリックしても、まだキャンセルは可能です。

※購入ボタンをクリックした後は15分以内に支払を完了する必要があります。

後で知ったのですが、購入ボタンをクリックした後にキャンセルすると、30日以内の取引完了率というものに影響が出るようです。
購入側の場合はあまり気にしなくてよいと思いますが、もし広告出稿して販売する側になりたい場合は取引完了率が下がってしまうため注意が必要かも!?
購入ボタンをクリックすると下の画面が開きます。
この画面では、金額や振込先等の情報が表示されています。
利用したい支払方法ををクリックして情報を表示し、支払を完了させましょう。
振込の際は、振込人名義とBybitの名義が同一である必要があります。注意しておきましょう!
支払が完了したら、支払が完了しましたというボタンをクリック!
相手が支払を確認後に購入したUSDTが自分の資金調達のウォレットに入金されます。
現物のウォレットではなく、資金調達のウォレットなので覚えておいてね!
支払後の画面
通常は、支払完了のボタンをクリックしてから15分以内に入金されますが、もし15分以上たっても入金されない場合は、まずはチャットで相手にメッセージを送ってみましょう。
それでも相手の反応がない場合は、カウントダウンの下に申請を送信というボタンが表示されるのでクリックするとbybitが間に入って販売者に連絡をしてくれて、引き渡しを促してくれます。

USDTを売る

USDTを売ってJPYを受け取りたい場合は、

販売のほうを利用します。

手順は購入の時とほぼ同じです。

が、銀行振込に対応してる出品者が少ないですね。

振込手数料を嫌っているのかな?Line payだと送金手数料が掛からないからかな!

USDTを売るほうはまだやったことないので、追々更新ってことで!🙇‍♀️

Bybitの登録はこちらから!

 

最新情報をチェックしよう!